Press "Enter" to skip to content

健診における代行サービスとは何なのか

健診を行う場合、自分たちの会社で近くの病院を予約し、勤務中に病院に行って順番に検査を受けてもらうという方法がありますが、じつはこれはとても大変な作業になります。従業員が一人である場合は、それでも大丈夫ですが、人が多くなれば、健診の種類や、費用、結果、報告を全て、病院から貰って正式に書類にして、従業員と労働基準監督署に報告する義務があります。また当然病院の予約も必要になりますが全国展開している、また広範囲から従業員が来ている場合、病院を選べるシステムがある方が、都合がいいですが、その場合複数の病院への予約が必要になります。もちろん来てもらうという選択肢もあります。検診車で回ってくれる会社を探し依頼するという手間がかかりますが、これらの作業を全て代行サービスに依頼することで、大部分がスムーズに行われることになります。

健診の代行サービスは企業のメリットが高い

健診の代行サービスの中に検診車の依頼もありますが、病院に行けば早いと思われるかもしれませんが、大規模な会社であれば来てもらった方が早い場合があります。それは行かない人を管理する方法ともいえます。病院へ自ら行くというのは、健康診断であっても無料であっても、意外とハードルが高いのはやはり嫌な思いをするということがあります。この場合必要な行為なので、胃カメラや直腸健診などは仕方が無いのですが、それを嫌がる心理もわかります。そのため来てもらって強制的に診察を受けてもらうという方法もあります。健康診断は会社の義務ですから、受けさせる義務が生じます。代行サービスでは多くの受診方法を持っていますので、幅広く選択肢を従業員に提示することができます。こうすることで従業員に健診を受けさせる義務を果たすことができます。

健診の代行サービスと受診率は直結しない

健診の代行サービスはメリットが多いですが、デメリットとしては、お金がかかる上に、従業員の利用率に関しては効果が上がるのかは別という話になります。もちろん代行サービスを利用することで健診を受けやすい環境を整える事はできますが、それと受診する意思とは別の話になり、受診してもらうための行動はこちらが取る必要があります。そのためには、受診のメリットと受診しなかったことへのデメリットを宣伝して行く必要があります。受診のメリットは、やはり健康維持ですが、その上で、良い結果であれば給与や待遇などに良い事があるというエサを見せるという方法があります。受診をしないデメリットは体調変化に気づかずに悪化させてしまった上に病院代がかかる点ですが、ここでも給与や待遇に影響がある場合は、受診率も上がっていく可能性があります。

健診結果管理、自動判定、集計、面談・保健指導記録、ストレスチェック搭載のクラウド型健康管理システムです。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 就業判定、就業上の措置に関する医師の意見も登録可能です。 定期健診、特定健診、生活習慣病・がん検診、婦人科健診、人間ドック、巡回健診等の手配が可能です。 健康情報サイト『+Wellness』でお得なキャンペーンを実施中です。 健診は代行サービスの利用がおすすめです!