Press "Enter" to skip to content

代行サービスを活用した健診のメリット

近年、多くの企業が健康経営を実施しています。健康診断を全社員が受診することが大きな柱となっていますが、そう言った業務を外部の企業に委託する企業が増えてきています。そこで、健診の代行サービスについて詳しく説明いたします。健診の代行サービスは、会社や企業、組織向けに健診の予約から精算、健診結果の回収などの健診に関わる業務を代行してくれます。そして、健診結果で判明したデータを集約・分析して出たデータをもとに一人一人に合った健康増進施策をサポートやアドバイスをしてくれるサービスです。その他にもコスト面などの様々なサービスや病院の手配、受診率の向上など、健診において必要になってくる全ての事を代行してくれるので、企業内の業務の効率化を図る上でも多くのメリットがあります。

健診の代行サービスを導入する企業のメリット

健康診断を社員に受診してもらう際、従業員が多ければ多いほど、病院への手続きや、診断の結果の回収とデータ分析、病院への清算など、手続きが膨大になります。健診の代行サービスの最大のメリットは、このような煩雑した作業をまとめて行ってもらえる点です。また、健康診断そのもののメリットとしては、健康管理をすることで、退職者を減らすことができる点や、高額な医療費を支払わずに済むというポイントも挙げられます。健康診断には精神面、身体的な検査もあるので過度なストレスを抱えている人が多い場合、原因を探すことで、職場環境を改善することもできます。このように大変重要な健康診断ですが、結果を精査しなければならず、悪い結果の人に対しては配慮をする必要があります。こういった事も健診の代行サービスは行ってくれるので、大変助かります。

健診の代行サービスは企業の人材確保にも繋がる

ここ最近、福利厚生そのものをアウトソーシング化する企業が増える中で、健診の代行サービスも広がりを見せています。より効率的に健診の手配や精算を行うほか、健診データを回収・分析することで健康増進対策を見える化が行えます。代行業者への委託費用は発生しますが、業務効率化と社員の健康意識向上につながり、健診受診率アップも期待できます。経済産業省では、「社員の健康管理を行う取り組みは将来的に収益を高める投資である」として、特に中小企業に対しての呼びかけに力を入れています。同省が平成29年に行った調査によれば、健康経営に取り組んでいる中小企業は約2割にとどまっていたためです。代行サービスの導入で健診の充実が図られて健康意識の高い社員が増えれば、職場に活気が出るほか企業自体のイメージアップともなり、より良い人材の確保にもつながります。是非、企業の発展のためにも導入を検討してみて下さい。