Press "Enter" to skip to content

料金面から検討する健診の代行サービス

従業員の健康管理業は人事労務が抱えているとても重要な業務ですが、この管理にかかる時間と労力は測り知れません。そして、潤滑に年に一度の健康診断を受けたとしても、その後の従業康維持となると、もはや人事労務の仕事の域を超えた業務内容となり得ます。これらの健診にまつわる業務を全て代行サービスへ業務委託し、人事労務に求める働き方の改革を実現すべく、健康管理業務の効率化を始めている企業が増えています。健診にまつわる業務とは、1年に一度の健康診断のためのスケジュール調整に始まり、健診機関への予約手配だけでなく、受診率向上への取り組みなど多伎にわたります。さらに診断結果の管理・活用ともなると人事労務の業務内容をはるかに超えた仕事内容にも思えます。当然のことながら、これだけの業務のためだけに必要な人事労務の人件費もかかります。

代行サービスを利用し、無駄な人件費はカット

従業員の健康を守るシステムのために、システムを管理する人員を雇い入れるより、最近では健診のすべてを代行サービスへ委託する企業が増えています。代行サービスを行っている会社はたくさんありますので、何を基準に選ぶべきか、どこまで従業員の健康管理を会社の業務向上へ結び付けられるか、健診を義務だけで終わらせないシステム作りを先取りするにはもってこいのサービスと言えます。従業員ひとりひとりの健康状態を可視化することで、健康経営への第一歩となり得ます。従業員の健康状態がどれほど企業のパフォーマンスに影響を与えているのか、把握できている企業は多くはありません。健診の代行サービスを委託すると、多くの場合が肉体面だけでなく、精神面のデータも総合的に分析され、の健康状態・課題を把握できるようになるのです。

健診結果はシステムで一括管理され企業のポテンシャルもアップ

従来の従業員を雇う上で義務的に行われる健診。結果管理までは難しく、スケジュール管理や健診達成率も毎年上がらないという話は少なくありません。これらの人事が行う健診に関わる業務を、代行サービスで委託することにより、健診に関わる業務が6割以上減少できるとのことですから、その分の時間や人員を別の業務へ力を注げるということは、業績アップにもつながります。経費削減を考えると、内部で人員を確保するより、外部へ委託する方が経費の削減と業務の向上につながるのです。さらにシステムで健診結果がデータ管理されるため、従業員ひとりひとりによりそった働きやすい環境を作りやすくなるでしょう。しいては、起こるべくして起こっていたケガの予防にもつながります。いろいろな意味で、従業員の健康・精神状態を把握することは、トラブルを未然に防ぎ、業績アップにつながる糸口です。