Press "Enter" to skip to content

業者別のサービスから検討する健診代行サービス

多くの企業や健康保険組合で従業員に対して、定期的に健康診断を行うのが当たり前になってきました。しかし、毎日の業務を担いながら医療機関を探し、予約や健診の結果をまとめ、従業員へとフィードバックするのはかなり負担です。そこで外部の業者に委託するもので、企業と医療機関を結ぶ健診の代行サービスがあります。予約をとるのもネットワークを使って簡単に行えたり、過去の健診結果を比べるなどのデータ管理も行えたりするサービスもあります。また清算代行なども行ってくれるので、普段の業務に影響することなく、健診を従業員に受けさせることができます。忙しい企業や大人数の場合などは、一人ずつ予約をする形ではなく一日に一度で済むように、巡回健診なども対応している大手の代行サービスもあるのがうれしいです。

ネットワークを利用したサービスが増えている

健診の代行サービスが利用できる団体を探すには、ネットワークを利用することに問題がないことが一番のチェック項目です。ほとんどのサービスの内容がネットワークを使って行うものが多いのが現状です。例えば、医療機関への予約は24時間行えるのが長所ですし、従業員全員の健診データを解析した結果をネットワーク経由したり、会社の使っているフォーマットに直してデータ化してくれるサービスなどとても使いやすいものばかりです。また、従業員へ結果を返すのもネットワークを使えば、紙媒体ではなくインターネットのホームページにアクセスするだけで確認することができます。過去の結果も残しておけるのでデータ管理もばっちりです。つまり、健診の代行サービスにはネットワークが欠かせないことを把握しておきましょう。

予算やニーズに合わせた健診内容が選べるのか

健診と一口に言ってもかなり多くの項目があります。血液検査などの精密検査やバリウムを飲むなどの人間ドックまで行うのかなどによっても、医療機関によっては行えないこともあるかもしれません。医療機関も多くから選べるとサービスを選ぶこともお勧めです。また乳がん検診や子宮頸がん検診などの女性に限ったものや高齢者向けなどの限られた人に向けての健診といった、ニーズにあった健診が選べるのかどうかも、代行サービスを選ぶ上でチェックしなければなりません。また、予算についても気になりますね。毎年精密検査までは、全員に受けされるほどではなくでも、節目にあわせて行うなど、予算に対しても健診の内容を変えていけるサービスを選ぶといいかもしれません。どこまで受けるといいのか、自社の健診フォーマットを作ることから始めることもお勧めです。