Press "Enter" to skip to content

注意するべき健診における代行サービス利用

企業は社員の健康診断を行う義務があります。その健診の仲介に立つ担当部署や担当者に代わって、健診の代行サービスがあります。健診の予約を取ると言っても実は大変な労力で、従業員の人数や会社の事業所数によっては、管理がとても重いものになることもあります。健診に関わる代行サービスについて、その探し方を説明していきたいと思います。代行サービスの主な内容は健診機関契約代行、健診案内、予約受付、手配、結果の回収、結果の管理、未受診者への連絡など多岐に渡ってサポートをしてくれます。例えば営業職の多い企業の場合、健診案内を通知してもその期間内での健診ができず、未受診に終わってしまうこともありますが、代行サービスでは一人一人のスケジュールで健診予約を取ってくれます。健診担当部署や担当者が頭を抱えてしまうことを改善し、業務負担を軽減してくれます。

健診の代行サービスの探し方のコツ

健診の代行サービスを請け負ってくれる業者はインターネットなどで探すことができます。今は需要が高まっていることから多くの業者があります。代行サービスの業者はネット関連が母体となっているところや、情報システム開発をしている会社の関連会社などさまざまです。それぞれどのような点に長けているのかが違います、課題となっている点を対処してくれる業者がいいと思います。今は健康にまつわる法令が厳しくなり、リスクマネジメントの一つに健康管理が挙げられます。健診を受けされることもそうですが、結果をどう生かすかも必須となり、課題でもあります。社員の健康管理をどこまで会社で把握できるか、そしてどこから先を代行サービスに委託するのかを明らかにし、ニーズに合った代行サービスを探すといいでしょう。

すべての業務を代行サービスに依頼する前に

すべての企業が全く同じ悩みではありません。どこの代行サービスもいくつかのプランがあります。健診の予約、精算、結果管理、その後のフォローなどいくつかありますが、すべてを一括して委託すると要望との差異が生じ、金額だけが発生し却って非効率で無駄となってしまうこともあります。サービスの汎用性が高くなればなるほど利用するメリットが生まれます。そして、連携している医療機関もしっかりと把握することをお勧めします。案内された医療機関が従業員にとって使いやすい機関であるかどうかも重要です。予約の手間が省けたとしても企業側にとって最適な医療機関ではないこともあります。そしてシステムの利用実績、使いやすさ、機能性の高さ、情報管理能力、レスポンスの速さなども契約、導入前には忘れずに確認するようにしましょう。